優れたエイジングケアパワーを持つプラセンタとは

プラセンタ 胎盤

プラセンタとは、人や馬、豚、羊、などの哺乳類のお腹の中、赤ちゃんのゆりかごとなる胎盤のことです。

この胎盤に含まれている「成長因子」はプラセンタ以外には含まれていない唯一無二の物質で、細胞や皮膚、骨、筋肉など人の体に関わるすべての成長と代謝に作用する「人成長ホルモン」を活性化させます。

この他にもプラセンタには、アミノ酸、酵素、ビタミン、ミネラル、などの成分が豊富に含まれており、シミ、シワ、タルミなどが気になる女性からエイジングケアの救世主として絶大な支持を得ています。

またプラセンタは、美容目的としてだけでなく、医療分野でも活用されており、プラセンタ注射やプラセンタ点滴の中には、、更年期障害、プレ更年期障害、婦人科系疾患、肝機能障害などの治療薬としての効果効能が認められ、健康保険が適用されるている医療用医薬品もあります。

当サイトでは、近年ますます注目が高まっているプラセンタの美容と健康について、徹底的にリサーチし紹介しています。

以下で、プラセンタが私たちの体にもたらすエイジングケアパワーについてまとめてみました。

プラセンタの美容作用

プラセンタの美容作用

  • 美白作用
  • 保湿作用
  • 組織代謝の促進作用
  • 結合組織の新生作用
  • 細胞の増殖再生作用
  • 血行促進作用
  • 活性酸素除去作用
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 免疫賦活作用

これらの作用で、美白をはじめ、肌の3大トラブルといわれるシミシワニキビ、また乾燥肌肌荒れ敏感肌、さらに肌の老化などの幅広いエイジングケアの手伝いをします。

わかりやすい解説はこちら→「」

プラセンタの健康作用

プラセンタの健康作用

  • 内分泌調整作用
  • 自律神経調整作用
  • 基礎代謝向上作用
  • 血行促進作用
  • 造血作用
  • 創傷回復促進作用
  • 抗腫瘍作用
  • 鎮痛作用
  • 抗アレルギー作用
  • 肉芽形成促進作用
  • 強肝・解毒作用
  • 疲労回復作用
  • 貧血改善作用
  • 免疫賦活作用
  • 体質改善作用
  • 活性酸素除去作用
  • 抗突然変異作用
  • 遺伝子修復作用
  • 免疫調節作用
  • 抗炎症作用
  • 精神安定作用
  • 乳汁分泌促進作用

これらの作用で、更年期障害プレ更年期障害婦人科系疾患肝機能障害、などに効果を発揮します。また、医師の診断があれば、健康保険も適用されます。

わかりやすい解説はこちら→「」

プラセンタの副作用

プラセンタの副作用

  • 生理不順
  • アレルギー反応
  • 軟便
  • アレルギー性皮膚炎の悪化

医療用のプラセンタの場合はこれまで副作用の報告はありません。しかし、サプリメント(栄養補助食品)や化粧品に関しては、副作用ではありませんが上記のような症状が出ることがあります。

わかりやすい解説はこちら→「」

プラセンタはサプリメントで摂取するのが一般的

プラセンタエキスを配合した錠剤を、プラセンタサプリメントと言います。

医療機関でのプラセンタは、人の胎盤から抽出したヒトプラセンタを使った注射や点滴が主ですが、市販されているプラセンタは豚や馬の胎盤から抽出したプラセンタエキスを使ったサプリメントが一般的です。
サプリメントは、医療機関で受ける注射や点滴に比べて即効性は劣りますが、長期間飲み続けることでエイジングケアになりますし、注射よりも安く手軽に摂取できるというメリットがあります。

プラセンタ 豚 馬また、プラセンタが豚や馬だからといって、人のプラセンタよりも成分や効果が劣っているということもありません。

確かに通常の豚や馬の場合は、病原体などの感染を防止するためにワクチンや薬剤を投与されている可能性があるため、製造工程で念入りに殺菌などの処理を行わなければならず、これによりプラセンタに含まれる有効成分は多く失われています。

しかし、特定の病原体や寄生虫を持たないクリーンな豚の胎盤を使ったプラセンタサプリメントは、原料が衛生的であるため滅菌処理などの工程を省くことができ、これまで製造過程で失われてしまっていた有効成分が多く残っています。

また、馬の場合は主にサラブレッドが使われています。
これは、徹底した管理下で育てられている上に血統もしっかりしているため、安全性は高いと言えます。

クリーンな豚やサラブレッドのプラセンタを使ったサプリメントは、一般的に値段は少々高めですが、その分優れた効果が期待できます。

プラセンタ注射

一般にプラセンタ注射というと、医療用プラセンタ注射薬のことで、医療機関で注射をしてもらうことになります。
医療用プラセンタ注射薬は厚生労働省で認められている医薬品という扱いになり、現在ではメルスモンとラエンネックの2製剤が薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保に関する法律)の承認を受けています。

プラセンタ注射は、肝障害、乳汁分泌不全、更年期障害などの医療分野、美肌、美白、シミ、シワ、ニキビなどの美容分野で効果を発揮するといわれています。
しかし、医療分野では健康保険の適用内ですが、美容分野では健康保険の適用外になりますのでご注意ください。

わかりやすい解説はこちら→「」

プラセンタ化粧品

プラセンタ化粧品の種類は大きく分けてふたつあり、原液のプラセンタをそのまま、または主成分として使用した「美容液」と、化粧水・乳液・クリーム・石けん・洗顔料などに配合された「プラセンタ配合化粧品」があります。

プラセンタ化粧品には、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素、核酸、活性ペプチド、ヒアルロン酸、細胞を増殖させる成長因子などさまざまな成分が含まれています。
それらの成分によって「お肌の新陳代謝を整える」「肌表面のバリア機能の向上」「保湿力のアップ」「肌細胞の酸化を抑える」などのエイジングケアの手助けをします。

わかりやすい解説はこちら→「」

プラセンタドリンク

プラセンタを服用する方法のひとつがプラセンタドリンクを飲むことです。
固形のプラセンタサプリメントに比べて、液体のプラセンタドリンクの方が吸収率は高く、即効性も期待できます。
また、プラセンタの含有量もプラセンタサプリメントに比べ、多く含まれている商品が多いようです。

しかし、シミやシワなどを改善したいという目的がある場合は最低でも3ヶ月間は毎日飲み続けなければなりません。
それだけに、プラセンタサプリメントと比べると価格はやや高めな場合が多く、経済的に負担を感じることにもなりかねません。

わかりやすい解説はこちら→「」

これで完璧!プラセンタサプリメントの選び方

プラセンタ サプリメント

プラセンタのサプリメントを選ぶときに大切なことは、プラセンタの品質と含有量をしっかりチェックすることです。

プラセンタサプリメントの多くは、クリーンな豚やサラブレッドの胎盤から抽出されたプラセンタエキスを使用していますので安心できますが、中にはそうでないプラセンタエキスを使用しているサプリメントもありますので注意が必要です。
また、プラセンタエキスを抽出する方法の「酵素分解法」と「凍結酵素抽出法」は、成分をできるだけ壊さずに高品質なエキスを抽出する方法なので、商品選びの際のポイントになります。

プラセンタの含有量の表記は「原末の量」や「原液に換算した量」などとサプリによってバラバラで統一されていません。
例えば、10,000mgの原液を乾燥させて原末にすると濃縮されるため、200mg(50倍濃縮の場合)になります。
同じ200mgの原末を使ったサプリメントであっても、商品によって原末のままの200mgと表示しているところもあれば、濃縮される前の原液の量である10,000mgの表示をしているところもあります。
どの状態の含有量なのか統一させて比べるのがポイントです。
どの状態の含有量か分からない場合は、メーカーに問い合わせて「原末の場合の含有量は何mgか」と調べてみるのも良いでしょう。

さらに、プラセンタのエイジングケアパワーを存分に体感するために、プラセンタ以外の美容健康成分を配合したサプリメントもあります。

プラセンタサプリメントランキング

人気のプラセンタサプリメント3選

プラセンタエキスを配合しているサプリメントは、様々なメーカーから販売されていますが、中でもパフォーマンスの高いものを3点ご紹介します。

「母の滴プラセンタEX」(フローレス化粧品)

馬のプラセンタ(胎盤)だけでなく、サイタイ(へその緒)を使った、タンパク質97.5%の製造に成功したスーパープラセンタ!
数ある馬プラセンタの中でコストパフォーマンスはNo.1!
1日2粒で400㎎のプラセンタが摂れる注目の商品です。

「FUWARI」(はぐくみプラス)


馬プラセンタと同等のアミノ酸量の高純度豚プラセンタ!
プラセンタに加えて、アスタキサンチン、ビタミンE、ヒアルロン酸、エラスチン、セラミドなども配合しています。
1日3粒で360㎎のプラセンタが摂れる注目の商品です。

「WHITE'stプラセンタつぶ」(fracora:協和)


9.5秒に1個売れている豚プラセンタサプリ!
プラセンタに加えて、ココナッツオイル、フィトール、ハトムギエキス、セラミド、アスタキサンチンなども配合しています。
1日3粒で336㎎のプラセンタが摂れる注目の商品です。

Copyright© プラセンタの効果まとめ!おすすめサプリ比較ランキング , 2017 AllRights Reserved.