プラセンタはアトピー性皮膚炎に強力な効果

投稿日:

プラセンタは、アトピー性皮膚炎にもすぐれた効果を示すことがわかっています。

アトピー体質の人のアレルギー

アトピー性皮膚炎は、「アトピー素因」を持つ体質の人にできる皮膚炎で、皮膚の最も上の表皮の部分が赤く腫れたり、カサカサして、カユクなる症状がみられます。
近年、子供だけでなく大人になってから発症する人が増加する傾向にあります。

”アトピー”の語源はギリシャ語で、”奇妙な”を意味します。
現在までのところ、発症の原因やメカニズムについて完璧に解明されるまでには至っていませんが、かなりのところまではわかってきています。

私たちの体は免疫システムを持っていて、体の中に入ってきた異物(抗原)に対して抗体をつくって結合し、異物を退治するための抗原抗体反応を起こしますが、この時、反応がオーバーになるとかえっ体に害をおよぼすことになり、これをアレルギーと呼ぶといいました。
アトピー性皮膚炎でも、同じようなことが起こっていると考えられ、普通のアレルギーと違うのは、生まれつきのアトピー体質が元になっているということです。

要するに、アトピー性皮膚炎の発症には、アトピー体質で、しかも抗原が身近に存在するという要因が関与することになります。
何が抗原になるかは、ホコリ、ダニ、細菌、花粉、食品、薬品など、各人各様です。
したがって、たとえアトピー体質であっても、その人に特定の抗原と出会わなければ、発症することはありません。

アトピー性皮膚炎の起こるメカニズムについては一般的に、次のようにいわれています。

アトピー体質の人の多くは、抗原に対して、「IgE」という抗体をたくさんつくります。
「IgE」は、粘膜や真皮(皮膚は表面の表皮と、奥の真皮で構成される)に存在する肥満細胞にくっついていて、抗原が入ってくると、細胞膜上で、抗原抗体反応を起こすために、肥満細胞が刺激を受けて、その中にある炎症物質のヒスタミンなどが飛び出してきて炎症をおこします。

ちなみに、肥満細胞は、肥満に関係した細胞というわけではなく、細胞を構成する核と細胞質を比べて、細胞質の方が非常に大きいことから、この名前があります。
アトピー体質の人では、「IgE」がたくさんつくられますからヒスタミンの放出量もそれだけ多くなり、カユミなどの炎症がひどくなるのです。

最近の研究で、「IgE」は表皮に存在するランゲルハウス細胞にもくっついていて、皮膚から侵入した抗原と、ランゲルハウス細胞膜上でアレルギー反応を起こし、皮膚かぶれ(接触性皮膚炎)を引き起こすことがわかってきました。
アトピー体質の皮膚は、乾燥しやすい肌ですから、抗原が入りやすい環境にあり、これが皮膚かぶれをより一層悪化さることになります。

さらに、肥満細胞やランゲルハウス細胞から炎暑物質のヒスタミンが飛び出すのは、抗原抗体反応の影響によるだけでなく、皮膚の汚れや汗、衣服のこすれ、排気ガスなどの刺激でも引き起こされることが明らかになっています。
乾燥肌が、刺激を受けやすいことを考えれば、この点からも、炎症が促されることになります。

乾燥肌はいってみれば、皮膚の膜が少ないことを物語り、異物の侵入を防ぐバリア機能が低下しているとともに、水分が蒸発しやすく、ますます感想を招くことになり、皮膚の最前線でアトピー性皮膚炎をより一層やっかいなものにしている元凶をなります。

アトピー性皮膚炎はこのように、複雑な原因が絡んで発症するやっかいな疾患といえます。

アトピー性皮膚炎はプラセンタとステロイドの併用で治療

アトピー性皮膚炎の治療には通常、アユミを止め、炎症を抑えるステロイド剤(軟膏)がよく使われます。
しかし、ステロイド剤を長く続けて使用すると、副作用が生じることがわかっています。

ステロイドはもともと、腎臓の上方にある副腎という小さな臓器から分泌されている副腎皮質ホルモンです。
ですから、ステロイド剤を塗るということは、皮膚から副腎皮質ホルモンを与えることで、これを長期間続けてると、ホルモンバランスを乱すことになります。
つまり、長期間、ステロイド剤を使い続けると、副腎はホルモンの分泌を怠るようになり、それにともない副腎の機能が低下することになります。
すると、ステロイド剤にますます頼るといった悪循環に陥り、ホルモンバランスを乱すのです。
その結果、皮膚が薄く弱くなったり、細菌やウイルスなどへの感染をしやすくします。
また、全身的な副作用として、顔が満月のように丸くなるムーンフェイスや、糖尿病、胃潰瘍、高血圧症、憂うつ症などを起こすことがあります。

また、ステロイド剤を長期に使用した場合、症状が改善したからといって、急に利用を止めると、リバウンドが激しく、カユミをはじめ炎症が悪化する心配があります。
ステロイドを使う場合は、医師と相談して、適切に使うことがたいへん重要です。

さて、プラセンタですが、その多岐にわたる作用が複合的に働き、アトピー性皮膚炎に効力を発揮することが確認されています。
プラセンタのホルモンバランスを整える「内分泌調節作用」、皮膚の抵抗力を高める「免疫調節作用」、炎症を鎮める「抗炎症作用」、健康な皮膚をつくる「基礎代謝向上作用」や「創傷回復促進作用」、「肉芽形成促進作用」、さらに「抗アレルギー作用」や「体質改善作用」などが、アトピー性皮膚炎のさまざまな原因に作用するという具合です。
しかも、プラセンタには副作用が非常に少なく、使用を止めてもリバウンドの心配がなく、安心して使うことができます。

なお、アトピー性皮膚炎の治療ですでにステロイド剤を使用している人が、プラセンタを使ってみたいと思ったら、まずはステロイド剤とプラセンタを併用し、徐々にステロイド剤を減らしていき、最終的にプラセンタだけを用いるようにするのがよいでしょう。
併用しているうちに、プラセンタによってホルモンバランスが整い、抵抗力が強化されるといった効果により、ステロイド剤の使用を中止しても、リバウンドを防止することができます。

-プラセンタの健康効果

Copyright© プラセンタサプリ比較ランキング , 2018 All Rights Reserved.