プラセンタは気管支喘息、花粉症に優れた効能

投稿日:

プラセンタは、慢性関節リウマチ、変形性関節症、神経痛、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症、アルコール性肝炎、B型肝炎、C型肝炎などにもすぐれた効果を示すことがわかっています。

このページにある情報

気管支喘息

気管支喘息とは、気管支が収縮して狭くなり、呼吸がしにくくなる発作性の呼吸困難症をいいます。

原因によって、「アトピー型」、「感染型」、「混合型」の3つに大きく分類できます。

  • アトピー型
    アレルギー反応で起こる気管支喘息。
    ダニやカビ、花粉、ペットの毛などの抗原に対して、気管支の粘膜に存在する肥満細胞の上で起きる抗原抗体反応により、肥満細胞からヒルタミンなどの炎症物質が飛び出し、気管支のまわりの筋肉を収縮させることで、粘膜が腫れたり、粘膜の分泌物(タン)が増し、そのために空気の通り道(気道)が狭くなり、呼吸困難を招きます。
  • 感染型
    細菌やウイルスの感染によって気道が敏感になり、ホコリやチリ、有害物質、冷気などの刺激に反応して、呼吸困難に陥ります。
  • 混合型
    アトピー型と感染型の両方の要素により、呼吸困難になります。
    このほか、ストレスなど心理的要素が原因になることがあります。

治療法としては通常、気道を広げる交感神経刺激薬や気管支拡張薬、ステロイド剤、抗アレルギー薬などが使われます。
また、感染型対策としては、抗生物質を使用します。

ただし、交感神経刺激薬は心臓に対しても刺激作用を持っていますし、気管支拡張薬やステロイド薬にしても副作用が問題になるので、これらの使用には慎重を期する必要があります。

その点、プラセンタは副作用の心配がほとんどなく、気管支喘息にたいへん有効なことが明らかになっています。
プラセンタの持つ自律神経調節作用により、交感神経の働きを強化して気道を広げます。
また免疫を調節する作用により、ダニやカビ、花粉、ペットの毛などの抗原はもとより、細菌やウイルスに対する抵抗力を高め、さらに、抗アレルギーや、抗炎症作用、体質改善作用などとも相まって、すぐれた効果を示すと考えられます。
なお、こうし作用を活発に稼働させているのが、プラセンタに含まれるさまざまな成長因子で、交感神経節細胞などの増殖を促す神経細胞増殖因子、気管支上皮細胞などの増殖に関与する上皮細胞増殖因子、各種の免疫細胞の増殖を盛んにするコロニー形成刺激因子やインターロイキン1・2・3・4など、プラセンタならではの秀でた効果も納得がいきます。

花粉症

スギ花粉が飛ぶ2~4月になると、花粉症で苦しむ人がたくさん出現し、ひどい人になると仕事にも生活にも支障をきたすといっても過言ではありません。
花粉症は花粉が原因になって起こるアレルギー疾患で、くしゃみや鼻水、鼻づまりが起きるアレルギー性鼻炎、そして目がかゆくなり、涙が流れ、こすると赤くなるアレルギー性粘膜炎などの症状を現します。
なお、都会に花粉症の人が多いことから、花粉とある種の大気汚染物質が結合したものが、原因になっていると指摘されることもあります。

原因になる花粉にはスギのほかにも、春期ではマツ、ヒノキ、サクラ、クヌギなど、夏期ではカモガヤ、ガマ、イネなど、秋期ではヨモギ、ススキ、セイタカアワダチソウなどが知られます。

花粉症が起きるメカニズムとして考えられるのは、アレルギー体質のある人が、目の結膜や鼻の粘膜に付着した花粉(抗原)と、これを異物とみなした免疫システムによりつくられた抗体=IgEと過剰な抗原抗体反応を起こした結果、ヒスタミンなどの炎症物質が放出され発症するというものです。
なお、スギ花粉症では、スギ花粉の抗原性が非常に強いため、生まれつきのアレルギー体質でない人でも、毎年スギ花粉を吸い込んでいるうちに抗体=IgEがつくられてしまい、発症することがあります。
昨年まではなんでもなかったのに、突然、今年は発症してしまったという人が現れるのはこのためです。

治療薬として、ステロイド薬や抗アレルギー薬などが知られていますが、これはあくまでも対処療法でしかなく、副作用の心配もありますし、また投与を中止すればリバウンドに見舞われるといった問題も指摘され、これという特効薬がないのはほかのアレルギー疾患と同様です。

そこで、プラセンタ。
ほかのアレルギー疾患と同様に、ここでもプラセンタがたいへん有効な働きをみせます。
免疫反応を正常にするとともに、炎症を抑える働きがあるうえ、抗アレルギー作用や体質改善作用も認められ、花粉症を対症的にも改善するものといえます。
そのうえ、副作用がほとんどなく、リバウンドの心配がないのは、プラセンタならではの素晴らしさです。

ともあれ、花粉症をはじめとするアレルギー疾患は一生まとわりつく”疫病神”と諦める前に、ぜひプラセンタを試してみてほしいと思います。

-プラセンタの健康効果

Copyright© プラセンタサプリ比較ランキング , 2018 All Rights Reserved.